東京 赤坂 和食 ふぐ フグ 河豚 ふぐコース ふぐ会席 天然ふぐ ふぐ白子 焼きふぐ ふぐ白子鍋 ふぐの美味しい店 赤坂ふぐ 赤坂和食ふぐ 赤坂和食個室ふぐ 日本料理">

  ❝ふぐ料理紹介

赤坂で『とらふぐ』ご提供。本来の持つ奥深き旬の味わいを、コースや一品、ひれ酒などで堪能できるお店。高級ふぐ料理では薄造りはもちろんおすすめはフグ白子料理が人気。接待で個室や目の前に水槽があるカウンター席で、グルメの方に和食料理を楽しんで頂けます。駅からも近く2名様よりご利用可能、営業時間もご相談にて予約お受け致します。- ふぐ料理は12月~2月までご用意いたしております -

 
     ・・・・・・フグあれこれ・・・・・・

貝塚からフグ類の骨が発見されることから、縄文時代からすでにフグをがあったとされてます。
フグ料理と言えばフグ刺し、ちり鍋がよく知られています。フグ刺しは皿の模様が透けるほど薄く刺身を引き、円形の皿に牡丹の花びらのごとく並べるのが有名です。トラフグの身は弾力があり、独特の歯ごたえがありますが、刺身にする場合、厚く切ると、その弾力がゆえに硬すまうま味がでません。薄く引くことで、身色の美しさ、トラフグが持つあの独特の歯ごたえとうま味を引き立たせることになるのです。
毒性によりすべての食用フグ類に当てはまるわけではありませんが、白子、皮、ヒレも重要な食材となります。
自子(精巣)は塩焼きを初め様々な料理法があり、特にトラフグの白子は絶品で高値で取引きされています。皮は比較的厚く、湯引きした物を細く切ったものが一般的ですが、ゼラチン質に富むことから煮こごりの材料としても禾り用されています。ヒレは乾燥させたものをこんがりと灸り、熱爛にした日本酒にいれていわゆる「ひれ酒Jにして味わいます。生食も美味ですが、鍋、唐揚げなどもまた格別です。卵巣は多くのフグ類で有毒ですが、石川県では特殊な方法により除毒した塩蔵品が食用に販売されています。
フグの生産地以外では、フグトラフグ高級料亭高価と考えられがちです。確かにトラフグはフグ類の中でも味、価格ともに最高ですが、フグ類の漁獲量が多い地域では、適切な処理がなされたフグの加工品、サバフグ類などの無毒のフグ類が一般の鮮魚店やスーパーで販売されており、気軽にフグを味わうことができます。

※ ※ ふぐは昔「ふく」と呼ばれ、この名前の由来にはいくつかの説があります ※ ※
その1 ー怒るとお腹をぷっくりとフクらます「フクるる」の略から名づけられたー
その2 ー怒って「フクれる」と「フクベ(ひょうたん)」に似て見えることから名づけられたー
その3 ー胃の一部に水を飲み込み水を吹き出して砂中の餌をあさる「吹く」ことから名づけられたー

     ・・・・「ふぐ」と「ふく」・・・・
ふぐ料理が正式に登場し、定着したのはそれほど古いことではないようで現しかし、「極道のゆえにフグの味を知る」の言葉が残るほどなので隠れて食されてはいたようです。また、大阪では「ふぐちり(ふぐ鍋)」のことを「てつちり鍋と言います。当たると死ぬことから、大阪ではフグをテッポウ(鉄砲)と呼んでいましたが、フグ食禁止令で堂々と扱えなくなり、暗号で「てつ」と呼んでいたそうです。同じ理由で九州山口では「丸」の暗号名が残ると言われています。呼称を短くすることにたけた大阪では、鉄砲刺し身が「てつさ」に、ふぐ鍋が「ふぐちり」「鉄砲ちり」「てつちり」になつたようです。
⦅日本各地ふぐの呼び名⦆

・・・・・・フグ料理紹介・・・・・・

 ●会席
ふぐ料理の特徴は薄造りにあります。ふぐ一匹々々を目利きし、旨味と歯応えが最良になる瞬間までふぐの身を寝かせます。皿が透けて見える程薄く、先端を立たせ、菊花に見立て盛付けます。昆布出汁で野菜と共に熱々のふぐを楽しめるちり鍋、外はカリッと中にふぐの旨味を凝縮させた唐揚げ、ふぐの出汁で作る雑炊とふぐの醍醐味を余す所なく楽しめるのが、王道料理とらふぐコースです。
 ●煮凝り
ふぐの皮はゼラチン質で煮込むと水に溶けます。薄めの味付けをして冷やすと、コラーゲンが固まり、ゼリー状になります。舌の上に乗せた瞬間に口の中に広がる美味をお楽しみください。
 ●刺身 ・鉄鎖 ・焼霜造り
ふぐの肉は繊維質で弾力があり噛み切ることが難しいため、切り身が透けて見えるほどの薄作りで身を細く包丁で引いて刺身にするのが主流です。ふぐ刺しに使われるフグ肉は、フグを〆てから布を被せて丸1日から2日程度寝かます。これにより肉が熟成されるのです。ふぐ刺しの盛り方には、大きい円形の大皿に工夫を凝らし、見た目にも楽しめるように盛った鶴盛り、菊盛り、孔雀盛り、牡丹盛りなどがあります。切り身は、箸ですくってぽん酢で食べる方法が一般的です。また、薬味としてもみじおろしなどや葱も好みで使用します。湯引きした後、氷水で冷やし細切りにしたフグの皮が添えられていることもあります。

 ●焼きも ・焼きふぐ ・ふぐ蒲焼
炭火の遠赤外線により、表面を均一に素早く焼き上げ、中身はふぐの旨味を凝縮して閉じ込めます。ふぐの繊細ながら深い味わいと炭火の香ばしが伝わります。
 ●揚げ物 ・唐揚げ ・天麩羅 ・南蛮漬け
ふぐの味わいを消さないよう薄めの味付けを施し、表面をカリッと揚げた唐揚げは、ぜひ手に持ってお召し上がりください。特に口ばし周りのゼラチン質など骨付き部分の味わいは秀逸です。
 ●鍋もの ・ちり鍋
昆布でとったダシ汁にフグの切り身や骨などと一緒に土鍋季節の野菜とともにいただく鍋料理です。おすすめのだいだいポン酢でや安岡葱などの薬味と一緒にお召し上がりください。
 ●蒸し物 ・酒蒸し
一晩寝かした昆布だしと煮切り酒を使い一塩を振りかけたフグや白子を使用。
 ●白子  ・刺身 ・白子焼 ・白子酒

白子は、産卵期の1月から3月頃に取れたものが一番美味で、料理人が丁寧に裏ごししたふぐの白子を溶かし、日本酒と合わせ賞味いただく濃厚な味わいの一杯です。白子はふぐの精巣のこと。表面に振り塩し、遠火でじっくり焼き上げます。表面はこんがり香ばしく、中はトロリとまるでミルクのような食感です。振り塩と遠火で焼き上げ、旨味を凝縮させた白子を軍艦巻きに。薄く引いた酢橘の上にアクセントの赤卸しを乗せて見た目も美しく仕上げます。
 ●ひれ  ・ひれ酒 ・ヒレカラアゲ
職人が1枚々々丁寧に捌き、掃除し、天日で十分に乾燥させ、こんがりと焼き上げたとらふぐのひれを使用します。風味と香ばしさをお楽しみいただける様、使うお酒は自己主張し過ぎない酸味と甘みのバランスのよい物を選んでいます。

・・・・・・《主のこだわり》・・・・・・

当店12月~2月まで和食ならではの旬の食材フグ』料理をお客様に提供しております。
季節の食材フグを求め東京赤坂|日本料理店閑人をお客様が接待にて個室席や落ち着いたテーブル席や水槽の前で楽しめるカウンター席で予約してご利用いただいております。

厳選された旬の魚介や野菜を求め特に主が探し求めた天然トラフグは、ご利用してくださる方に新鮮で特別のフグと思い毎年条件に合ったエリアのフグを指定しております。ご満足頂けるように皆様にはネット予約検索いただき情報提供致しております。又、営業時間は平日と土曜日ディナーにてお店の海鮮料理一覧(鉄鎖を初め人気料理白子や鍋が美味しい)にて紹介。落ち着いた雰囲気懐石旨い人気ドリンク日本酒や亭主が自らお客様におつくりする『白子酒』などは白子の甘さとなどから亭主の極め細かさの思いがうかがえる。又、2018年の干支酒やお客様に好まれる人気焼酎❝森伊蔵・魔王・村尾・佐藤黒❞などは手ごろなお値段で常備ご用意いたしております。最近人気のワインも閑人のお得意様のご紹介で旨いワインを少しづつご用意いたしております。なんといっても人気食材『ふぐ』大満足

・・・予約登録・検索・エリア調べ・・・
※東京 赤坂駅エリア 和食 駅徒歩近く 接待 会席料理 予約可 ディナー ランチは一覧で・・
  又、ご相談メール(価格変更・詳細・会席変更・夜の来店時間・日程・オープン時間変更可)当割烹店は、新年会や忘年会の小人数のネット予約にてお受け致しております

店舗・情報・検索赤坂日本料理 東京・赤坂駅・徒歩5分 赤坂見附徒歩10 赤坂和食  かんじん